<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


名古屋支店営業 丹羽です。

一言ブログ8

 交流分析という心理学の分野では、心を5つに分けて分析をしています。

 5つの心とは、厳しさに代表される「父親のような心」、優しさに代表される「母親のような心」、冷静さに代表される「大人のような心」、楽しさに代表される「自由な子供のような心」、素直さに代表される「従順な子供のような心」です。

 リーダーはこの5つの心を、状況に合わせて自由に使いこなせるのがベストです。そのためのチェックポイントを記します。

●厳しさ
□全責任は自分にあるとの自覚に立ち、失敗はすべて自分が引き受ける覚悟でいる。
□最後まで気を抜かず、妥協は許さない。
□本人の将来のために、仕事上の欠点は厳しく叱り、体を張ってでも良い方向に導く。
□社員の成長のために、厳しく課題を課し、成長するまで辛抱強く付き合う。

●優しさ
□社員がいい仕事や難しい仕事を成し遂げたとき、我がことのように喜び、ほめる。
□社員の能力や、勤務態度に応じて正当な評価を行ない、やる気を引き出している。
□出社時、社員に挨拶をし、声をかけ、信頼関係をつくっている。
□社員に参画意識を持たせるため、時には思い切社員の意見を取り入れている。

●冷静さ
□嫌がる仕事、苦手な仕事でも、全体のバランスを考え、的確に命令を下し実行させる。
□即断即決、どんな物事も即座に対応し、難しい問題は信頼のおける人に相談する。
□部門や社員の問題点を「重要度」「緊急度」で分類し、優先順位をつけて処理している。
□決算書などの数字を読み、状況を捉えるのが上手い。計算力もある。

●楽しさ
□「前例に沿った仕事」より、リスクが大きくとも、新たな可能性を生むハイリターンの仕事を選ぶ。
□常に希望を語り、困難な状況下においても、「どうすればいいか」を前向きに検討する。
□独自の健康法で心身を整えている。年齢よりも若く見られる。笑顔でいることが多い。
□時には無礼講で飲みに行ったり、また遊びや趣味で、楽しくコミュニケーションをとっている。

●素直さ
□社員の仕事ぶりを熟知し、常に社員の立場に立ち、アドバイスするよう考えている。
□自社の利益よりもお客様満足度を優先する。さらにお客様の気づかないニーズを探すよう取り組んでいる。
□愚痴よりも、人にお世話になったことや、尊敬する人の人柄に惚れて仕事をしてきたことを語ることが多い。
□仕事や家族、社員を信じ、自分を活かしつつ仕事ができる。

 性質の異なる五つの心に気づき、冷静に自分を見つめることができるようになれば、心を状況に合わせて自在に使いこなせるように変わってきます。「人は鏡」です。己の心が相手にどのように反映しているのか、時には自己を見つめ、偏った心があれば別の心を働かせてみるのも必要な実践といえるでしょう。
[PR]
by naito-csc | 2010-01-20 01:36

成人の集い

名古屋支店 営業 丹羽です。

先週末ボランティアで江南市の成人の集いの御手伝いに行って来ました。

自身の担当は、会場内警備班でありましたが、マスコミ等で騒がれるようなことなく、無事に式典終了することが出来ました。

c0159977_11121260.jpg
c0159977_11123941.jpg
               江南市の成人の集いは、成人自らで行うもので、昨年の夏に成人の集い実行委員会を立ち上げ、募集を募り約30名ほどで運営しています。式典の企画、運営、協賛金の募集とかなりの時間と労力を費やし、無事の式典が終了し実行委員会の皆さんはこの上ない達成感と満足感を味わうことが出来たと思います。
[PR]
by naito-csc | 2010-01-16 11:14

リピーター

名古屋支店 営業丹羽です。

一言ブログ7

 新しいお客様を獲得する費用は、固定客を維持し続ける企業の、数倍はかかると言われます。費用をかけて新規のお客様を開拓しても、ぞんざいな態度で対応をしたために、すぐに離れられてしまっては損失は多大です。

 しかし、それ以上に打撃を受けるのは、お客様が抱いたマイナスの印象やコチコミでしょう。「1人のお客様の後ろには、100人のお客様がいる」のです。1人のお客様の不評は、その家族をはじめ、友人、知人へと伝わってしまうのです。

 それは、想像している以上に大きな損失なのです。たった1人のお客様に対しての、ついうっかりした態度が、危機を招くことにもなりかねません。

 お客様との良好な関係を築くには、<数ある同種の企業の中から、よくぞ我が社を選んでくださいました>と、常に感謝の心で接することです。

 どのようなお客様の態度にも、明るい笑顔で対応をするところに、「また利用したい」という気持ちが湧き、やがて固定客になっていきます。お客様一人ひとりが我が社の広告塔であると意識して、真心溢れる対応をしたいものです。
[PR]
by naito-csc | 2010-01-16 10:53

墨象

名古屋支店 松浦です。

遅ればせながら、新年明けましておめでとう御座います。

お正月は、どのように過ごされましたか?わが家は、坊主が、受験の為、勉強一筋の環境でした。
ところで、正月 子供に「おまえ、今年は、宿題で、書き初めしない?」と聞いたら、「受験なのに、有る訳ないがやー」と一言。「そうだわなー」と思いつつ、少しさびしい気も。でも何かの雑誌で読んだのですが、墨象がプチブームだとか。で、墨象て何?ですよね。
では、ここで、少し墨象の説明を
墨象には決まった手本やルールはありません。文字を通して自分の感性をそのまま自由に表現する。
筆の持ち方や筆順など、決まった書法にとらわれず、文字から伝わるイメージを自由に膨らませ一気に書く。墨象はまさに一発勝負の創作文字。また、偶然に生まれる効果をそのまま生かす自由な気持ちも大切にしたい。
①墨をすりながら、精神統一をする。
②一旦筆を下ろしたら、途中で墨を付け足さずに一気に最後まで書く
③完成した書に、消しゴムなどで作った落款を押して仕上げる。
だそうです。

私は、子供のころ、少し習字を習っておりましたので、興味が湧いております。
今度の休みに一度やってみようと思っております。 
みなさんもどうですか、日本人なので、きっと心が落ち着くかと。
[PR]
by naito-csc | 2010-01-12 19:27

一つの改善から

名古屋支店 丹羽です

一言ブログ6

 職場での新しい試[こころ]みには乗らない、お膳[ぜん]立てされていない仕事には加わろうとしないなど、自ら積極的に動かない場合はありませんか。

 結果がすぐに出ない業務、成功が約束されていない仕事は、障害もあり、時間や労力もかかります。

 しかし、レールの敷[し]かれている道をただ歩[あゆ]むよりは、不便なところにこそ、成長を促[うなが]す要素が秘められています。その難問を克服した時に、能率の向上や自身の大きな成長があるのです。

 人目に触れる業務は、改善点が見つかりやすいものですが、人目に触れないところこそ改める余地がありそうです。作業の工程や費[つい]やす時間等、効率化を図れるところはないか、今一度確かめることが必要です。

 業務でのムリ・ムダ・ムラを見直すために、まず私生活のちょっとしたムリ・ムダ・ムラを見つけましょう。それらを少しずつ改善していけば、仕事にも気づきが得られるようになり、成果に結びつくはずです。
[PR]
by naito-csc | 2010-01-12 08:38
名古屋支店 営業丹羽です。

あけましておめでとうございます。
本年も会社ブログをお借りし、人間力向上の一助となるよう一言ブログをお伝えしていきます。

一言ブログ5

 平成22年という新しい年を迎えました。しかし、国内外の経済情勢はますます厳しさを増し、企業は一瞬たりとも気の抜けない状態が続いています。

 このような時代だからこそ、全神経を集中させて時代の荒波を上手に乗り切る策を講じなければなりません。では、荒波を味方につけるためには、日々、何を磨き高めていかなければならないのでしょうか。

 「雀鬼会」を主宰し、「牌の音」で若手や後進の指導・育成に努めている桜井章一氏。昭和30年代後半に麻雀を覚え、実業の世界に身を置くかたわら、プロの代打ちとして数々の暴力・脅しに屈せず、20年間一度も負けることなく勝ち続けた人物です。

 数々の著書を出版し、麻雀という世界でつかんだ「人としてどうあるべきか」という人生の極意を平易に記しています。その一つ『精神力』(青春出版社)の中で、「人間には体に〝体温?があるように心にも〝心温?がある」といい、心温を適温に保つことが大切であることを強調しています。その一文を紹介します。

 欲にかられたり、恐怖心におびえていると、心温は上がったり下がったり、乱れてしまう。私は、そんな相手の心を見逃さずに、さらに動揺させる。すると、相手は自ら崩れていく。要するに、麻雀も人生と同じように自分の心との闘いなんだよ。

 (中略)自分では気がつかない心の乱れが、私には見える。それは、自然がそうであるように晴れたり、曇ったり、雨が降ったりするのと同じで、人間の心も変化を続けている。そこに気がつけば対処もできるけれども、気がつかないでいると、精神のバランスが崩れていくものだ。

 その崩れは、どこからくるか。麻雀でいえばごまかそうとする心だ。安い手のふりをしてハネ満であがる。あるいは、引っかけ手で他人から出あがりをまつ。人をダマしてあがっているうちは絶対に強くはなれないんだ。必ず自分の心が動揺しツキの流れから遠ざかっていく。他人や自分をごまかしているうちはダメなんだよ。



 先手の明るい挨拶をする、約束を守る、お客様や社員・家族を大切にする、早起きをする、笑顔で人と接する…など、どれもが人として生きていく上で当たり前の取り組みですが、「わかっている」と「できている」とでは、長い人生において雲泥の差がついてきます。

 困難な時代を爽やかにそして生き生きと乗り切っていく訓練を継続していきたいものです。
[PR]
by naito-csc | 2010-01-09 08:32
名古屋支店、営業の冨岡です。
年が明け、通常業務が始まっております。

皆様方も何事もなく年を越されましたでしょうか?


お正月は特に予定もなく、自宅でのんびりと過ごしましたが、
大晦日から元旦にかけて、自宅のある岐阜市では大雪が降りまして・・・。

c0159977_1823189.jpg


・・・愛車が見えなくなりそうなほど積もりました。
おかげさまで正月早々、息子2人と雪合戦&雪だるま作りに興じる羽目に。

私共の仕事は天候に左右される部分が大きいので、普段はあまり歓迎しませんが、
休みの日に子供たちと楽しめたことはいい思い出になりました。


この冬はまだまだ雪が降りそうな気配ですので、工事の進行等に影響が少ないことを願います。


また、今年は昨年に引き続き、経済状況も悪い状態が続くと思われますが、
ひとつでも多く皆様方のお役に立てるよう、業務に取り組んで参ります。

本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by naito-csc | 2010-01-07 18:36