社員たちが贈るマルチな情報


by naito-csc

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


名古屋支店 営業 丹羽です。

一言ブログ12

木々が芽吹き始め、少しずつ気温も上がり、春の到来を感じさせます。春は人の温かさを感じる季節でもあります。慣れ親しんだ仲間との別れや、新しい人々との出会いが、人と人をつなぐ温かさを感じさせてくれます。

 また、新しい職場環境や人間関係の中で、新しいことへの取り組みが始まります。昨日まで知らなかった者同士が、同じ職場で仕事をすることにもなります。

 新しい出会いは、気の合う人ばかりではないでしょう。気の合わない人との付き合いにも、上手に対応していく必要があります。

 仏教には「縁尋機妙、多逢聖因」という言葉があります。良き縁がさらに良き縁を結び、良き結果につながるということを意味します。

 良き出会いを通して、啓発[けいはつ]されながら私たちは成長していきます。互いに心を通わせ、自ら研鑽を積むことで信頼が生まれます。

 「この人に出会えて良かった」と慕われ、頼られる人間となるよう、自己を成長させていきたいものです。
[PR]
by naito-csc | 2010-03-23 17:53
名古屋支店 丹羽です

一言ブログ11

 新人のY君は、上司から仕事を依頼されても、「まずは通常業務が先」と自分で判断して、後回しにしていました。

 仕事にも職場の環境にも慣れてきたY君ですが、雑用や面倒な仕事には見向きもしません。ある日、ダラダラと仕事をしていると、上司に「仕事の要領はもう掴[つか]んだろう。いつまでも、自分のことばかりではいけないぞ」と忠告されました。

 そこでY君は気を引き締め、自分の都合ではなく、依頼された仕事を優先することにしました。雑用も進んでするようになると、依頼者の状況や望んでいることが見えてきました。そして、周りの人との繋[つな]がりが円滑になっていったのです。

 将棋の格言[かくげん]の中に、「歩[ふ]のない将棋は負け将棋」という言葉があります。相手を負かしにいくには、最も数の多い「歩」の動きが大切なのです。「歩」のように後には退[ひ]かず、一歩一歩確実に進んでいくと、次第に地力[じりき]がついていくのです。

 誰しもいきなりトップレベルにはなれません。他人に認めてもらえるようになるには、まず「歩」になりきる心が大事だといえます。
[PR]
by naito-csc | 2010-03-19 16:20

犬山ハーフマラソン

名古屋支店 松浦です。

昨日  犬山ハーフマラソンに参加してきました。

c0159977_21313672.jpg


朝から大雨です。「走る前からいきなり大雨かい」 家を出る前からブツブツと独り言です。
でも現地に着けばきっと雨は止むと言いきかせて、家を出ました。
スター場所の名証運動場は、一面が水たまり。「これは、シューズが何個あっても足りないなー」と、又独り言。
9時からの準備体操、注意事項の説明の時は、みなさん雨の為 何処かで、待機です。
c0159977_21442050.jpg

でもスター時には、雨もやみ、少しはやる気が、でも足元のシューズを見て、又落ち込む。(どろどろのビタビタです)
でも、記録は、手元の時計で、1:42:08 この悪条件で、本人は、納得です。
よく頑張った。来年も参加予定です。
PS
自称箱根駅伝マニアとしては、今回の招待選手は、みな箱根駅伝で活躍した選手ばかりで、感激しておりました。ジャージ姿は普通の大学生ですが、走る姿、速さは、やはり違う 本当にすごかったです。
c0159977_2221629.jpg


又おしるこが、本当においしかった!!
[PR]
by naito-csc | 2010-03-01 22:13